ジェルネイル 上級 難易度

ジェルネイルの上級資格試験の難易度について

爪の手入れは女性のみではなくて、今では男性も身だしなみとして取り入れている人が多いという話です。

 

爪にまで気を配っている姿勢は、その人を好印象に見せるという効果もありますよね。

 

ネイルサロンは数多く出店していて、憧れの職業としてネイリストを挙げる女性の人も多いです。

 

今の主流はジェルネイルのため、ネイリスト検定よりも特にジェルネイルの技能検定試験を受ける人が多くなっています。

 

 

 

ジェルネイル技能検定試験には初級、中級、上級の3つのレベルが存在します。

 

ジェルネイル初級は基本的な技術が必要とされ、難易度は低めとなっています。

 

ジェルネイル中級ではグラデーションやフレンチなどの技術が問われます。

 

さらにジェルネイル上級は、中級以上の技術が必要とされます。

 

ジェルネイル中級と比較すると難易度はアップし、ネイルサロンで即戦力として活躍することができるような技術が要されます。

 

そのため、ジェルネイル上級の合格率はおよそ40%といわれており、やはり狭き門といえますね。

 

 

 

ジェルネイル初級はあくまで趣味としてネイルを学んでいる人も数多く合格しているということもあります。

 

それで、プロのネイリストとして評価されるには少なくとも中級以上の技術が必要だと考えられています。

 

中級に合格後、さらに高い技術を身につけて、上級へと挑戦する人が多いですね。

 

実際に上級に合格できるための実技力などを身につけるには?どうするかということですが。

 

実際にネイルサロンで働きながら技術を身につける人もいれば、ネイルスクールへ通って集中的に学ぶというスタイルを選択する人もいます。

 

ネイリストとして幅広く活躍するために、ジェルネイルの技能検定試験は高い技術を証明するための1つの方法ではあるのですね。

 

ジェルネイルのネイルスクール情報がわかります