ネイル 上達 方法

セルフケアのジェルネイル上達方法もありますので書いておきます

ネイルサロンに頼らずに、自宅でセルフネイルで美しい指先を手に入れたいと思っている女性は多いですね。

 

特に、スクールに通わずに自宅で綺麗な爪が長持ちしやすいジェルネイルにセルフケアで挑戦する方が増えてきています。

 

ただきちんとしたネイルケアの知識を持っていなかったり、お手入れ方法を疎かにしてしまうと綺麗な仕上がりにすることが出来ないのですよね。

 

だから、セルフケアの上達方法として基本的なネイルケアの手順を知っておくことが重要になります。

 

 

 

まずジェルタイプ、ポリッシュタイプ共に、爪に塗る前には爪の甘皮をきちんと処理しておくことが基本となります。

 

ぬるま湯に指をつけておき、甘皮が柔らかくなったら専用のプッシャーで押し上げるようにすると綺麗に甘皮を処理出来ます。

 

また、爪の表面のデコボコが目立つ場合にはファイルを利用してサンディングしておくと、爪表面を綺麗に整えることが可能ですね。

 

基本的な下処理が済んだら、爪表面の汚れや油を除去するためにも消毒液をワイプシートに含ませて軽く拭き取り、ベースジェルを付けすぎないように爪に均等に塗ります。

 

上手く塗るポイントとして筆にのせたベースジェルは爪の中央に適量乗せてから、全体に伸ばすようにするとジェルの量が均等になりやすくなり、ジェルネイル初心者でも美しく仕上げることが出来ると思います。

 

ベースジェルを塗ったらUVライトで硬化させて、次に好きなカラージェルかグリッタージェルを塗って再度硬化させることでお手入れは完了です。

 

 

 

あと、爪に艶を出したいという場合や、爪表面を保護したい・・という場合もあります。

 

そういうときは、トップ用のクリアジェルを最後に上から乗せるようにしてUVライトで硬化させれば、ジェルに厚みが出て仕上がりを美しくすることが出来るメリットがあります。
なので、厚みが足りない場合は何度か塗り直しをすることで、ぷっくりとした状態になりますよ。

 

ジェルネイルを長期間長持ちさせるポイントとして、爪先にしっかりジェルを塗るようにするとジェルが剥がれにくくなりますし、未硬化ジェルが残っている場合にはワイプシートで拭き取ることも重要です。

 

ジェルネイルのスクールで上達したい人向けです